身体に悪いことが周知の事実であっても、どんなに税金がかかってお値段が高くなっても禁煙が難しいのは、すでにニコチン依存症になっているからかもしれません。
タバコというのは立派に病気の一つなのです。
喫煙をやめたいというなら薬を使うことを考えた方が日常生活への影響も少なく・ストレスを溜めずに短期間でやめることができ、再度吸いたくなる可能性も低いのでおすすめです。

少しでもニコチンの依存症を抑えながら禁煙する一般的な薬として、その薬自体にニコチンが少量入っているニコレットなどがあります。
でも喫煙をやめる目的でニコチンを更に摂取するのが抵抗があるというなら、ニコチンを使うことなくタバコをやめる効果を持つ禁煙補助薬・ザイバンはいかがでしょう。
ザイバンは主成分・塩酸ブプロピオンの薬です。
元々は抗うつ薬として開発されていたのですが、ブプロピオンに禁煙意欲を無くす効果があることが分かり、禁煙補助剤として使用されるようになったのです。

ただし、ザイバンは日本では認知されていません。
使用を希望するのであれば個人輸入で海外の製品を取寄せるようにしてください。
一度服用すれば血中の有効成分濃度は長時間一定に保たれます。そのため服用回数は少なくて済みますし、副作用も比較的軽い薬です。
とはいえ、震えや発疹などの症状が出てくることもあるため、何かあれば病院で診てもらうようにしてください。

信頼できる個人輸入の代行業者を利用するようにしましょう。
ニコチン入りではないとはいえ海外の薬だけに、偽薬や粗悪なものも普通に出回っています。
きちんとしたものを取寄せないと、禁煙補助薬となるどころか困った症状が起こる危険性もあります。

使用始めから3日間と4日目以降とでは服用数は違ってきます。
最初は1日1錠で、4日目からは1日2錠の服用となるのです。
用法用量を守って使用してください。
就寝前に服用すると睡眠が妨げられることになる恐れがあるため、服用時間にも注意しましょう。

一般的なニコチンパッチと効果を比較すると約2倍!

ザイパンは抗うつ薬が元となっているだけに脳に直接働きかける薬です。
ニコチンが不足すると脳内ではニコチンレセプターが暴走し、禁煙への欲求が強くなります。
しかしながら、ブプロピオンによりもたらされる神経伝達物質レセプターがニコチンレセプターに類似しているため、服用することで喫煙衝動を抑えることができるのです。
ドーパミンが増えるのでやる気の動機付けや集中力向上もできます。
吸いたいという気持ちをなくすこともできます。

一般的なニコチンパッチと比較して、約2倍もの効果をもたらすザイパンで禁煙を頑張ってみてください。
口コミ評価を見ても5点満点の4.84点が平均、非常に満足度の高い結果となっているのです。
多数の方が禁煙効果を実感できています。

ニコチンを含む禁煙補助薬だと、ニコチンを摂取することで体調が悪化したりニコチン中毒症状が悪化する方がいて、何のための薬か分かりません。
ニコチンを抜くことが目的のためできれば始めからニコチンの入っていない薬の方が安心安全なのです。

とはいえ、ニコチンは入っていないものの妊娠中や妊娠の可能性があるという方・授乳中の方は身体にどのような影響がないとも限りません。
できれば医師に相談の上で服用するようにしてください。
過食症や拒食症・発作性疾患のある方やモノアミン酸化酸素阻害薬を使用中の方などは使用が禁止されているため注意しましょう。

自分で頑張ろうと思ってもうまく禁煙ができなかったり、一定期間はやめることができてもまた再開してしまったり、それはニコチン依存症という病気になっているからであり仕方がないことなのです。
ザイバンで無理なくニコチンを抜いていきましょう。
ニコチンパッチが合わなかったという方もこちらで頑張りましょう。