タバコをやめると太るというイメージを持っている方も多くいます。
このイメージだけで考えると、禁煙をしたくない言い訳のように感じる方もいるかもしれません。
ですが実際にタバコをやめた方の中には、禁煙をしてから体重が増えたというケースも見られます。
では喫煙をやめるだけで体重が増える背景には、どのような理由が存在しているでしょうか。

例えばタバコを止めることで太る理由の1つに、ニコチンが不足することによるストレスがあげられます。
今まで吸っていたタバコを我慢する分の気持ちが食欲へ行くことで、結果的に体重が増えてしまうこともあります。
もちろんニコチンには食欲を抑える効果があるため、抑えていた物質が体内から減ったというのも食べたいという衝動が抑えられない原因の1つです。
食欲が増加すると普段の食事だけではなく、間食が増えてしまうこともあります。

またタバコをやめることで、味覚が敏感になるという効果も期待できます。
味覚が良くなることでご飯も美味しくなるため、より多く食べてしまう方もいます。
ご飯を美味しく感じるのは良いことではありますが、量を調整しないと体重が増えやすくなってしまうので注意が必要です。

ほかにも禁煙をすることのメリットの1つに、胃腸が丈夫になるという点があげられます。
胃腸が丈夫だと、食べたものが消化吸収しやすくなります。
そのような状態だと食欲増進につながりやすく、お腹が空きやすくなる方もいます。
空腹状態が続くと、食事の時間まで我慢できずに間食する方もいるでしょう。

このようにタバコをやめたら、さまざまな理由で食欲が増進される方も多くいます。
食欲があればご飯や間食の量が増えて、結果的に体重が増えてしまうかもしれません。
ですがタバコをやめた方のすべてが太ったわけではなく、体重維持をしているも存在しています。
タバコをやめると必ずしも太るわけではないので、個人で管理をしっかりと行うことが大切です。

喫煙によりニコチン等の影響で体重が減少傾向にある

禁煙をすると太るということは、喫煙している方は痩せるのかと思う方もいるかもしれません。
確かにタバコを吸うと体内に増えたニコチンの影響で、体重が減少傾向になる方も見られます。
ニコチンを摂取することで、食欲を抑える効果が期待できます。
食欲が抑えられることによって、ご飯の量が減るので体重が減少する方もいます。

しかしニコチンの影響で体重が減少傾向にあるといっても、すべての方が痩せるわけではありません。
タバコを吸っているとしても、カロリーが多い食事が好きなどの影響で体重が増えるケースも見られます。
当たり前のことですが、体重の増減に影響するのはタバコだけではありません。
体重の増減には、タバコ以外の普段の食生活が大きく影響しています。
そのため喫煙や禁煙で体重をコントロールするのではなく、自分の生活を見直してみるようにしましょう。

タバコをやめると太る可能性があるなら、ダイエットをしたいから禁煙をあきらめようと考える方もいるかもしれません。
ですがタバコをやめた方のすべてが太るわけではないので、禁煙後の食生活に気を使うことで体重の増加を防げます。

また禁煙をしたいと思っているけれど太る可能性があるので迷っているという方は、自分の食生活を見直してみることも大切です。
食事をしたとしても体重が増えないように、生活の中に軽い運動を取り入れてみるのも1つの手です。
食べる量が増えたとしても、消費エネルギーを増やせば体重は増加しにくくなります。
タバコだけが体重に影響するわけではないからこそ、自分の生活全体の中で考えていくことが大切です。
食事や運動の量などを調節しながら、自分の理想の体重へ近づけるように努力しましょう。